今だから語れるプロの企業秘密その1

できるだけ多くの視野を確保し、ボールコントロール、シュート力と正確さを増す方法とは?

ボールコントロールには、様々なコントロールがあります。

例えば、胸でのトラップ。

胸でトラップするにしても足下に落とすのか、それとも開いたスペースを見つけて大きく胸で押し出して、一気に抜けて走りこんでシュートまで持っていくのかを瞬時に判断する必要があります。

例として、胸トラップを挙げましたが、トラップにしても腿で受けてみたりと様々なトラップのコントロールがあります。

やはり腿でのトラップにしても、足下に落とすのか、大きく押し出すのかしっかりと判断しなければなりません。

コントロールの使い分けは、普段、試合の中でいくつも出てきます。

それを判断するのは自分です。

判断力をつけるためには、まずボールが来る前にどういった状況なのか?
周りを状況分析することが重要です。

マークが離れていれば、足下に落とす。
そして、コントロールしてシュートまで持っていく。

ピタリとマークされているのであれば、開きスペースにボールを押し出すトラップで一気に展開する。

そして、しっかりミートしてシュートする。

いずれにせよ、ボールが来る前に、しっかり状況を把握することが、ストライカーには、重要な要素です。

今だから語れるプロの企業秘密一覧へ
サッカーが上手くなる特訓DVD 〜城彰二 ゴールからの逆算〜

Yahoo!ブックマーク登録

Yahoo!ブックマークに登録

メインメニュー

サブメニュー

無料メールマガジン

サッカーが上手くなりたい人必見!プロ選手のアドバイスなどを不定期でお届けしています。メールマガジンの登録解除はいつでもできるのでお気軽にどうぞ♪

お名前:
email :

キャンペーン実施中!

今なら抽選で城彰二より素敵なプレゼントがもらえます!ご購入頂いた先着100名様より抽選で城彰二・サインボール、城彰二・サイン色紙などが当たります。
城彰二 サインボール (撮影時使用球)


城彰二 サイン色紙、サイン入りコーン